Top >  妊娠中の食事 >  妊娠中の食事について

妊娠中の食事について

妊娠している時にお母さんが気をつけたいことはやはり食事です。
タバコやお酒はもちろんのこと、赤ちゃんのことを考えるとできるだけ良いものを食べたいですよね。


妊娠中の食事について良いもの、悪いものをまとめてみました。



妊娠中は食欲や味覚の変化などもありますが、体のことを考えた食事をできるだけ心がけたいですよね。

バランス良く摂取するのが一番ですが、まず妊娠中にとった方が良い栄養素はまず蛋白質です。
魚や肉、大豆といった食品には良質の蛋白質が豊富に含まれています。

またミネラル、カルシウムなどの他、便秘になりやすい体質の人は食物繊維(ごぼうなど)を意識的に取ったり鉄分(レバー)や葉酸(小松菜、ブロッコリーなど)普段あまり取らないものは意識的にレシピに組み込みましょう。


基本的にはバランスを考えながら気持ち程度、野菜を取る感じで良いと思います。
どちらかというと知っておきたいのは食べるのを控えたい食物でしょう。


塩分、ビタミンのとりすぎ、カフェインや辛いものはできるだけ控えましょう。
またマグロや金目鯛、メカジキなどは水銀の問題があるので極力控えましょう。


また生ものも全般控えましょう。新鮮であれば問題ないかとは思いますが、最悪のことを考えると控えておいた方が正解だと思います。


妊娠中は体調が不安定になり、食欲がないときもあります。
そういった時でもお腹の中にいる赤ちゃんのことを考え、できるだけ体に良いものを摂取するように心がけましょう。


スポンサードリンク

その他妊娠,妊娠中,食事の情報

妊娠を見逃さないいつもの生理前との違い

妊娠が発覚する時に多いのが生理前後の兆候です。
生理は女性からすると毎月ある習慣ですが妊娠と非常に深い関わりがあります。


どういった部分で妊娠だと判断するのか、生理や生理前に絞ってまとめてみました。



妊娠超初期症状とはいつから?

妊娠超初期症状といわれる症状は大体いつぐらいからはじまるものなのか?
その日程に生理予定日などは関係してくるのか、排卵はどういった感じになるのか?


個人差の大きいところではありますが、妊娠超初期症状とはいつぐらいからはじまるのかまとめてみました。


妊娠超初期症状のおりもの、基礎体温など体の症状について

妊娠したのかな?って思う状態、その状態のことを一般的に妊娠超初期なんて言ったりしますけどこれってどういう症状があるんでしょうか?

おりものや基礎体温、その他頭痛…身体に色々な症状が出てくる妊娠超初期症状をまとめてみました。


妊娠したい人必見!妊娠の正しい仕組み!!
妊娠をしたい人必見!!妊娠の正しい仕組み、あなたは知っていますか?
妊娠を希望する前に、早く妊娠するために、元気な赤ちゃんを授かるように、
必ず知っておきたい妊娠の仕組み!正しくしっかり理解しましょう!!

妊娠の兆候と初期症状を見逃さないために!
妊娠した?これって妊娠の兆候?この症状は妊娠???そんな不安のために!
気になる妊娠の兆候と症状をここでは一覧にしてみました。
ひとつひとつの項目を、あなたの体調と照らし合わせてみてください

妊娠初期症状1ヶ月目を注意する。油断をしない!
妊娠したい人には必ず知っておいてもらいたい!!妊娠の初期のこと!!
妊娠の兆候と症状が出る人もいるかもしれない時期のことです。

妊娠初期症状2ヶ月目は症状と兆候が出てくる頃です。
妊娠の兆候と症状を感じるのは、妊娠2ヶ月目ごろからです!!
この時の妊婦さんの体調変化と、その兆候・症状、お腹の中の赤ちゃんのこと、
妊娠生活で気をつけておきたいことを、徹底説明いたします!!妊婦さん必見!

基礎体温と妊娠の関係は密接です。低温期と高温期って?
妊娠するために必要不可欠な基礎体温って、知っていますか?
ここでは基礎体温と妊娠の関係について詳しく説明していきます。
さっそく妊娠するために、明日の朝から基礎体温を測り始めましょう!!

妊娠生理・着床出血って何??妊娠してるのに生理が来るの?
妊娠すれば生理が止まる。これは当然のことで、妊娠の兆候・症状として、
絶対不可欠にして、非常に分かり易い体の変化です。

妊娠した妊婦さんにオススメのサプリメントをご紹介!
ついに妊娠した!ニュー妊婦さんこそ、栄養はしっかりと取りたいものです。
でもつわりで食事を摂れなかったり、栄養バランスが難しかったり・・。
サプリメントは妊婦さんの強い味方です!!うまく取り入れましょう!


妊娠中の食事

関連エントリー

妊娠中の食事について